Whaves REPORT

2018.03.28
第一回イイモノニフレルを開催しました。

DSC_1314a

DSC_1246b

Whavesでは、「創る力」を養う知識、技術、体験、情報を得る事を目的とした「イイモノニフレル」という社内企画を定期的に開催していきます。2月18日、記念すべき一回目を、品川Mon-TERCEROで開催しました。

 
今回のお題目は、Whavesの総料理長斎藤さんを講師に迎え、「五島列島いでぐち鮮魚」様の放血神経締めブリと市販のブリとの違いを総勢27名のスタッフで研究です。

 

まずは、料理人たちが手分けをしてブリを捌き、生のまま塩だけで食べ比べ。

放血神経締めのブリは締める際に完全に血を抜いているため、見た目だけで違いがわかるほど白く、身の質もしっかり。食味には明らかに違いがあり、放血神経締めブリには全く臭みがありません。同じ魚種だとは思えまないほどです。

DSC_1300a DSC_1235a

ブリを炭で焼いたり、オリーブオイルで炒めたり、野菜と一緒にしゃぶしゃぶをしたりと研究熱心なWhavesの料理人たち。調理法によってどう食味が変化するのかを、意見を出し合って研究し、とても有意義な時間を過ごしました。

 

Whavesの「イイモノニフレル」では、今回のように、「イイモノ」に「フレテ」調理をしたり、「イイモノ」を「シッテイルヒト」に「フレル」機会を作ることで、スタッフ一人一人の「創る力」を養っていきたいと思います。

DSC_1425aDSC_1395aDSC_1356a



 

 

イイモノニフレタイアナタ!
Whavesではともに働く仲間を募集中です!→Whaves採用情報